弁護士紹介

代表弁護士 西面将樹

私は、かつて、交通事故で1週間の昏睡状態に陥ったことがあります。

このときのリハビリでは多くの人々に助けていただいたことから、私も苦しんでいる人を助けたいと思ったことが、私が弁護士になったきっかけです。

このため、交通事故に思い入れがありますので、当事務所は交通事故には特に力を入れて取り組んでいます。

また、私は、東京大学と名古屋大学の工学部に在籍していましたので、物理学を使っての交通事故の分析を得意としています。

 

弁護士・社労士 新海久美子

私は、弁護士になる前は、社労士として社労士事務所で働いていました。

交通事故の後遺障害の申請は、社労士が扱う労災の後遺障害の申請と共通点がありますので、後遺障害の申請を得意としています。

また、通勤途中や勤務中の交通事故では、労災の申請が可能なことがあります。
労災は、加害者からの賠償よりも高額になることがあります。
このような労災の申請については、社労士の経験を活かして対応しています。

 

弁護士 渡邉淳一

日夜起きている交通事故は、多くの人にとって身近な法律問題の1つかもしれません。しかし、いざ交通事故の当事者になると、関係者の多さ、保険の仕組み、多岐にわたる損害、医学的な見地など、必要とされる知識の多様さに頭を悩まされる方も多いでしょう。

私は、塾講師をしていた経験を活かして、依頼者に対し、法律的に問題となる点や今後の見通しを分かりやすく解説し、依頼者の不安や疑問を解消することを心掛けています。

また、私も、弊所代表弁護士と同様に,東京大学と名古屋大学の工学部に在籍していましたので、物理学を使っての交通事故の分析を得意としています。

 

弁護士 若山智重

交通事故はどなたでも直面する可能性のある法律問題です。
私も運転する際には安全運転を心がけていますが、明らかに危険な運転もしばしばみかけます。
たとえ一切落ち度がない場合でも巻き込まれてしまうことはあり得るでしょう。

交通事故に巻き込まれてしまうと、その後の対応はストレスがかかるものです。
ドライブレコーダーの普及により、客観的な情報に基づく解決は以前よりもスムーズになりましたが、双方にドライブレコーダーがなく目撃者もいない場合などは、過失割合でもめることが頻発します。

そういった場合には、弁護士にご依頼頂ければ、事故対応のストレスを緩和することができます。
自動車保険における弁護士費用特約のオプションを付していれば、等級ダウンすることなく弁護士費用がカバーされます。

これらの理由から、お車を運転される方には、ドライブレコーダーの設置と弁護士費用特約はおすすめしております。
また、事故に遭われた場合は一度ご相談ください。

 

交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。TEL:0574-49-9174 受付時間:平日9:00~18:00 ご予約をいただければ、夜・日曜日の相談も承ります。

ご相談予約フォーム

交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。TEL:0574-49-9174 受付時間:平日9:00~18:00

ご相談予約フォーム